金利が分かれているイオン銀行のカードローン

イオン銀行のカードローンでお金を借り入れた際には、
もちろん、金利というものが発生します。

これは、他のどこの金融機関であっても
同じことなのですが、しかし、イオン銀行カードローンの金利
というのはかなり特殊であります。

というのも、イオン銀行のカードローンでは、金利というものが
細かく分かれているのではなくて、
予め大きく金利が分けられていて、
自分が借り入れを行った金額では、どのくらいの金利となるのか
ということが、初めからわかるようになっています。

一般的な金融機関の金利というのは、
最大金利から最低金利というものがあり、
その金利の間から、どの金利が適用されるのか
というのはわからないようになっています。

なので、例えば、4~15%の金利となっている
金融機関の場合は、100万円を借り入れる際と、
300万円を借り入れる際には、大きく金利が異なっています。

それぞれどのくらいの金利となるのかというのは、
基本的には、申し込みをしないとわからないようになっているのですが、
しかし、イオン銀行のカードローンの場合は、
初めから借り入れる金額によって金利というものが
決まっています。

他の金融機関では、50万円までの借り入れの場合は、
最大金利が主なものとなっているのが普通で、
借り入れる金額が大きくなっていくにつれて、
金利も低くなっていきます。

しかし、イオン銀行の普通のカードローンのプランでは、
借り入れができる金額は10万円から50万円までで、
金利は14.8%となっています。

そして、ユトリプランの場合は、100万円から300万円までは、
8.8%、400万円から500万円までは5.0%となっています。

このようにイオン銀行のカードローンというのは、
初めから借り入れる金額によって金利というのが
しっかりと決まっているのですが、
これが他の金融機関とは大きく異なっています。

金利そのものは、決して高いということもなく、
他の金融機関と比べてもほぼ同じくらいなのですが、
借り入れる前から金利が決まっているということで、
非常にわかりやすいとも言われています。

 イオン銀行カードローンはコチラ

 

 

Leave a Reply